つなぎ融資の目的

住宅購入の際によく耳にするのがつなぎ融資ですね。
このつなぎ融資とは、住宅ローンで融資を受けられるまでの間に、契約金の支払いがある場合、別枠で融資を受けることですよね。

ということは、つなぎ融資の目的は、住宅ローン融資まで待てない場合のお助け的融資ってことでしょう。
ただつなぎ融資を受けることで、新たに金利も発生するため、かなり損をすることになるようです。
それに融資手数料やら振込手数料やらと、色々と出費がかさむので、できればつなぎ融資は受けない方がベターでしょう。
もしつなぎ融資を受けなければいけなくなっても、できるだけ短期間融資になるように、住宅ローンの申請は早めにしておいた方がいいでしょうね。
つなぎ融資って便利なようだけど・・実は融資先がうまく儲けるための手段になっているんですね。

家を購入する時には、このつなぎ融資のことをよく理解しておいて、住宅ローンを組む時に、つなぎ融資のことも相談しておくといいんじゃないかな。
相談すれば、ひょっとしたら支払い期間で融通をきかせてもらうこともできるかもしれないし・・。
知識のある人には、適切なアドバイスをしてもらえるかもしれないので、住宅購入で損しないように、いろんな情報を仕入れておくといいですね。